社会生活での獲得しておくべき習慣

日常生活での貯蓄と資産運用 社会生活では、身につけておくと良い習慣があります。習慣には悪い習慣と良い習慣があり、悪い習慣とは、自分の日常生活や社会生活に不利になる習慣です。まず、その事を理解できるかどうかで、その後の人生は大きく変わります。自分中心の人生と、他者も含めた人生の分かれ道でもあります。若い時に身につけていたい習慣ということでは、整理整頓の考え方があります。部屋を整理できると、自分のメンタル面も整理しやすくなります。常に整理する習慣になるので、心の整理もしやすくなります。

また、1日のイメージを前の晩や朝考える習慣をつけておくのも、とても役に立ちます。イメージ化の利用です。スポーツ選手がイメージトレーニングをしますが、それを自分の生活の中で行います。そうすると朝も早起きになります。また、いちばん重要なのは、自分に投資をするというスキルアップです。これができていないと、その後の人生での客観的な評価を失います。

その他では、人生の師匠を見つけるということも力になります。できれば生きている人の方が良いのですが、歴史上の人物で、心酔する人でも効果があります。ひとつの考え方や行動の基準が持てるので、心の安定に役立つからです。考え方ということでは、ネガティブな考え方よりポジティブな考え方の方が、メリットがあります。悲観的なネガティブな考え方だと、暗い気持ちになるからです。そうなると周りも暗くなります。


Copyright(c) 2019 日常生活での貯蓄と資産運用 All Rights Reserved.